スカイマークの国内線を利用してみました

大学の友人たちと卒業旅行で北海道へ

スカイマークの国内線を使用して北海道に旅をしてきました。
大学の友人たちと卒業旅行としていくことになっていたので、アルバイトの休みや卒論などみんなの予定をあらかじめ把握しておく必要があったので日程は2か月ほど前に決まっていました。
そのため、45日前の予約に適応したのでかなりお安く旅を楽しむことができました。
「こんなにも安い値段で北海道に行けるんだ」というような驚きの航空運賃です。
4人で行くことになったのですが、座席指定をしておいたので前後で二人ずつのシートとなり機内でも楽しく過ごすことができました。
ネットからの予約で自分で座席が指定できるシステムはよかったです。
「誰が隣の席なんだろう」と当日までドキドキしなくて済みます。
スカイマークでは追加料金を払うことで「足のばシート」に変更も可能です。
足のばシートとは普通の座席よりも座席同士の間隔が広いものです。
値段をみてみたら1000円以上かかるのでやめておきましたが、気になる人は利用する価値はあるでしょう。
受託手荷物は一人あたり20キロまででした。
普通に個人で旅行するには十分だと感じました。
不満に思ったのが、スカイマークは受託荷物のスーツケースがターンテーブルに出てくるまでの時間が長いことです。

今回のスカイマークのフロントめっちゃ対応悪くて嫌いになった。


天地無用のシール貼ってんのに

女の人
「こちら側上にできない場合もございますので」

俺「いや困りますやめてください。

— いづみ たつや (@TREK_35) 2018年2月14日

大学の友人たちと卒業旅行で北海道へ / 予定よりも一時間ほど遅れて出発した / CAさんの質は悪くないと思う